Product&Service

プロダクト&サービス

OTS-Probesとは

公共データベース、文献、および岩手医大で行った研究データから統計学的手法を用い、ヒトがんで高頻度に検出される遺伝子変異を絞り込んだ遺伝子変異に対するdPCRプローブライブラリー、即ちプローブの集合体がOTS-Probesです。このライブラリーは体内腫瘍量の追跡を目的としているので、必ずしも薬剤提案とは関連がない遺伝子も含まれています。たとえばTP53遺伝子は変異があっても薬剤提案とは結び付きませんが、ヒトがんでもっとも頻繁に変異が見つかる遺伝子です。そのため、TP53遺伝子変異に対するdPCRプローブがあればすぐにctDNA検査を行うことができます。OTS-Probesはこれからも定期的にアップデートしていきます。

OTS-Assayとは

OTS-Assayは遺伝子変異の同定・選定・測定の3つの検査から構成されています。ユーザー様の目的およびすでにお持ちのデータにより、必要な検査を単独でまたは組み合わせてご利用いただけます。

1.OTS-Scan

組織または治療前血液からDNAを抽出し、遺伝子パネル検査によりがん細胞の遺伝子変異を同定する検査です。どのような遺伝子パネル検査でも対応可能ですが、QD社では、岩手医大ですでに100例以上の実績があるOTS-Scanを推奨しています。

2.OTS-Select

OTS-Scanの結果をもとに、QD社独自のアルゴリズムで追跡可能な遺伝子に優先順位をつけて最大4個まで選定する検査です。OTS-Scan以外の遺伝子パネル検査の結果でも、変異アリル頻度(VAF)が判明していれば選定は可能です。

3.OTS-Monitor

OTS-Selectで選定された遺伝子変異を対象に、dPCRを用いてctDNA変動を追跡する検査です。治療後のctDNA量の変動について、1%以下のVAFからでも正確に推定することができます。通常用いる追跡対象の変異は1-2種類ですが、臨床情報を正確に反映することを確認しています。

マンガで読むOTS-Assay

研究の詳細、文献データについてはNishizukaLab(西塚研究室)サイトにてご確認いただけます。